スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

末期症状 feat. Mummy-D & Zeebra

Maki & Taiki feat. Mummy-D & Zeebra
From the EP "On the 1+2" [1996]


[Mummy-D]
夜中のクラブの暗がりから発生
人からまた人へ感染
体内ではびこる病原体
頼むからマイク渡しな もう限界
Yes, yes
我こそABCとEの間に
胡坐かいた酔っ払いのライマー
只今ここに参上
言葉のケツ追っかける難病
先天性ライミング症候群が病名
検査結果は陽性だ
現代の医療じゃ治療不可能な病
徐々に君の細胞を破壊

[Zeebra]
俺がZeebra 末期的な感染者
大量の細菌積み込んだ戦車
クラブ、イベント、外タレの前座
一つ残らずそこら中に連射
培養し続ける病原菌
その攻撃はサリン並みの衝撃
目から耳から体内に入る
掻き回す 頭ん中にあるファイル
一度感染すればすぐ慢性化
日々磨かれる己の感性が
やがて生む次の連鎖反応
万能の神に託された願望

[Hook]
マイク握らずにいられぬ衝動
いつでも脳みそフリースタイルモード
すぐさまファイルからライムをロード
ヒップホップウィルスによるこの病状

[Zeebra]
俺の脳の奥深くにある工場
最新細菌兵器次々と登場
往生際悪い奴らにはかます 一撃で目覚ます
暗闇に中目が赤く輝く
雲掻き分けこの空に羽ばたく
頬抓っても覚めぬ夢
ハゲタカの群れ 剥き出した爪
ふと気づくとそこは新天地
ビルの谷間現れる震源地
感染者達が徘徊するこの街
もう止められるものなし

[Mummy-D]
まずは感染 そして伝染
ついに健全な面々が亡くなるまで
口からでまかせ かませ
細菌に侵された唾と汗飛ばせ
哀れな子羊達 ハマれ 深みを目指し
黙れ 邪魔者達の声に耳貸すなかれ
どだい近い将来脳内は崩壊
後悔しても血液中の抗体が動かぬ証拠
開いた瞳孔に兆候 地下にあったか極楽浄土
M.A.D. on the microphone
睡眠不足でタウロポンかっ食らって登場
Zeebraと共に末期症状

[Hook]

[Shout-out from Mummy-D & Zeebra]
Microphone Pager, Lamp Eye, 雷
Funky Grammar, King Giddra, Rhymester
Maki & Taiki, Japanese B-Boy

[Outro: Mummy-D & Zeebra]
DとZeebraのコネクション
そう、それはまるでノンフィクション
そこら中に蔓延するこのウィルス
もし感染してないなら残念
ウー! アー! 感染った!
ファンキーファンキーウイルスが感染った!
We out, We out



Produced by DJ Taiki

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

服部光太郎

Author:服部光太郎

twitter

ブログへようこそ。
日本語ラップの歌詞を掲載しています。
コメントお待ちしてます。

メールはkslyrics.blog★gmail.comへ
お願いします。

オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。