スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルビーの詩




[Yoshi]
真夏の日 夜空に七つ星
初めてお前を知ったのはガラス越し
ただ過ごしてた毎日が変わる時
流れる時間の早さを知ったまた少し
一緒にいたいね朝 昼 晩
生活の形すら一緒になる気持ちは一途だ
日曜日の午後 西通から大濠公園まで散歩
意志表示は交互に
湖の辺 空を舞う小鳥達の囀りすら
二人にはタイムリー
くだらねえ事ですら笑顔で相槌
日に日になってたぜ俺のタイプに
芝生の上二人で大の字
沈んだ夕日を背に歩いてったぜ街路地
会話はなくても心が通じた
長いようで短い貴重な数時間


パッチリ開いた右目と左目
黒髪なびかせ生真面目で癒し系な女
自分の事はいつも二の次
真っ白だった俺の心にお前が色塗り
玄関先までお出迎えや見送り
してくれる魅力に一筋の愛を一振り
だが時には何かのイタズラで喧嘩
走った稲妻 謝ったぜひたすら
お前の怒った理由は分からんが
お前に対する気持ちは今でも変わらん
さあ小刻みに震える体を
抱き寄せてまた朝まで羽ばたこう
こんな最先端のラブストーリー
愛犬家の大変な体験談
犬と暮らす毎日
そんな日を生きてるんだ大事に



Produced by Green Peeace

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

服部光太郎

Author:服部光太郎

twitter

ブログへようこそ。
日本語ラップの歌詞を掲載しています。
コメントお待ちしてます。

メールはkslyrics.blog★gmail.comへ
お願いします。

オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。