スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の猶予




Yo yo yo Inovader beats
Missie is on the cut
K Dub Shine 狙うセルアウト

例えば踏み方甘いリリック
でも売れる現実 かなり皮肉
フューチャリングなんてただのギミック
業界的に周知の事実
売ってんのは作ったイメージ
固有名詞出しても切りねえし
曲より露出 本の表紙 目にするごと失う興味
何言いてえんだか分かんねえ
話しの焦点定まんねえ
それもセンスねえ文章の流れ
聴くほど本題と遠く離れ
ボキャブラリー乏しい
そんなんもう言わねえ今年
喋れねえくせに英語フロウ
使ってる単語も低俗そう
まただな いつでもカタカナ
傍から見てると浅はか
秒読み開始 踏まない詞 偽モンに対し即廃止

最後の猶予

芸能界 音楽業界
うさんくさい商売 やりてえ放題
セールスが勝敗 売れねえと交代
チャート入る奴らだけのショウタイム
金優先 日本のショウビズ
シャンパンの色した塩水
音に関しても質より量
タイアップやドラマ いつも利用
アイドルで儲けてきたxxxコン
重役 気合いの入ったロリコン
プロダクションの政治力が全て
弱い事務所の奴には冷てえ
宣伝するにもとにかくまず
クオリティよりも気にする数
資本がなきゃ話題にも乗らず
そんなそれじゃあ売れねえはず
産業を維持させるための仕組み
人の商品化システム憎み
金や名声より意地をとる
結局、最後生き残る

最後の猶予

ありとあらゆるスタイルものにして
もろストリート好みの音にして
ラップの持つ力を把握
韻の切れ味 ひたすらシャープ
言葉の持つ形や色で歌詞の可能性無限に広げ
セクシーな声で時には吠え
数えきれねえほど上手い例え
サグに知的に効くストーリー
踏み方にしても何百通り
自分の本当の姿を表現
マイク掴んでライムで公言
DJかけるヴァイナル ガンガン
2000年 今がファイナルカウントダウン
指折り数える Yo, あと三つ
K Dub Shine the Bomb Atomic

最後の猶予

Yo, DJ Masterkey, Kenbo
Taiki, Hazime, Watarai
そしてRhymester 我リヤ 走馬党
Zeebra U.B.G. Twigy えん突つ
まだまだ行くぜ ボムファミリー Yo
央 オア ジルシ Didi
それとJun, Juju マガチン
Boy-Ken オームラ イシカワ
Home Base, Home Bass
ビッグコッタ 二十一世紀

最後の猶予



Produced by Inovader

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

服部光太郎

Author:服部光太郎

twitter

ブログへようこそ。
日本語ラップの歌詞を掲載しています。
コメントお待ちしてます。

メールはkslyrics.blog★gmail.comへ
お願いします。

オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。