スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来たぜ



[Hook]
はるばる来たぜ アメリカへ
環境自分のために変え
何年も一人だけに耐え俺の可能性試したぜ

もう今のまんまじゃRhymester 曰く、
「俺に言わせりゃ」退屈だ
学校へ戻る予定はなし 通から聞いた渡米話
この状況から抜け出すためには
行ったほうがいいと思ったアメリカ
暫く東京から姿消すのもありと思って
受けてみたテスト 審査にパスした勝負強え
で最初はフロリダ ホームステイ
ほら所謂南部 やっぱここ
KKKとかあったとこ
今なら絶対ありえない行為
平気でブラザー ディスるWhite boy
その一言って禁句だぜ これが噂の人種差別
そういう奴らもまだいたね
サウスのあたりじゃ当たり前
よくテレビやハリウッドムービーでは
自由と平等の国って聞いていた

[Hook]

その後ついに西海岸
キャリに来ないなら意味ないじゃん
学校で会ったハーシェル ローリン
ジェイソンだけはスケートボーディング
ローリン ドラマー ハーシェル ラッパー
その二人とは仲良くなった
ビートボックスでふざけてフロウ
歩き方キメ よくウロウロ
でプロになるなんてそんなのまさか
想像できないくらいのダサさ
British Knightsにadidas, Troupe着て
憧れてたラップグループ
イスラム ズールーを経験する
きっかけなった Paid in Full
オークランドのRun's House Tour見て
凄さを知ったヒップホップスター
KRSとChuckで時代はX
ミュージックシーンも完璧ネクスト
Raiders着てメダリオン首
アフロセントリック Red, Black and Green

[Hook]

その次俺がいたのフィリー
週末通ったニューヨーク・シティ
レッドアラートのKiss毎週
録ってて増えたテープだいぶ
やってみた DJの練習
で学んだのはライムのセンス
自分でやるうち
独自のビジョンを確かめたくて書いた日本語
一年かけてやっとできた
人に聞かしたミュージックセミナー
そんとき初めて出会ったブッダ
バトルは俺が完全に食った
オークランドにまた戻り
グリーンのインドに胸躍り
ローリンのバンドも大好評
モーフォズライブも最高潮
Elements of Changeとの出会いが
俺にっとてはマジでデカイ
T-Mor, Schwinnがインスピレーションで
俺だってドープな韻踏みてえよ
Pagerと同時に改正開始
ラップやりにくい体制廃止
そこ目指して久しぶりに帰国
確かそんな感じだったような記憶

[Hook]


Produced by Inovader

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

服部光太郎

Author:服部光太郎

twitter

ブログへようこそ。
日本語ラップの歌詞を掲載しています。
コメントお待ちしてます。

メールはkslyrics.blog★gmail.comへ
お願いします。

オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カウンター
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。